【K-Pop縛り】好きな曲10曲。曲の解説?含めて紹介してみる。

【K-Pop縛り】好きな曲10曲。曲の解説?含めて紹介してみる。
https://www.soompi.com/より引用

先日、ELRISがカムバしましたね。
おかげでELRIS、いやK-Popにどっぷりなふみ太朗(@fumitalog)です。

というわけで最近K-Popにハマっているんです。
まぁ、以前からなんですけどね。

でも本当に今は特にK-Popばかり聴いてます。
ELRISもカムバックしたことですし、せっかくなので僕が今特に聴いているK-Popを勝手にまとめてみました。
最近僕が聴いているというのが基準なのでリリース時期とか完全無視してます。
あしからず。

おすすめ?いや、ただひたすら僕が好きなK-Pop10曲。

1. Lovelyz / 「Twinkle」

真夏なのに。冬でもないのに。
この冒頭からのイントロ。
このイントロのキラキラ感
もう最高にツボすぎて震える。
若干サイドチェーンには飽きてきたところではありますけど。
コード進行は普通で特筆するような部分はないんですけど、音使いはめちゃめちゃ勉強になりますねー。
何度リピートしたかわからない。

でも、キックの音は好みじゃない。
リズムに関しても僕ならもう少しパン振るというか空間意識して埋め込むかなー。

そしてやっぱり曲の終わりはあっさりしてるんだよね。

J-Popって最後の最後までちゃんと作り込んでるので海外の曲みたいに唐突に終わったりしないんです。
それに慣れているせいか、どうしても曲の終わりは納得行かない。

アウトロっていうのはさ、次の曲への助走だと思っているから。
適当にぶった切ったりするのは嫌い。

でも総合的には好き。
そういうこと。

2. ELRIS / 「Pow Pow」

冒頭からのギター。
よくありそうなリフ。なんだけど。
まぁ、弾きたくなる感じ。
実際コピーしたし。

このくらいの歪みのリフいいよね。
あとAメロでのカッティング。気持ちいい。
でも僕ならもう少し音使い変えるかなー。
ホーンもいい味出してる。

これは僕が作りそうなキックです。
芯もありつつ。
シンバルの音は普通過ぎてつまらない。
僕ならもう少し生っぽいシンバル使うかも。
ホーンもいることだし。

それにしても全然音数多くないのに、なんでこんなに胸を鷲掴みされるんだろう。

ヘソンが可愛いから。
間違いない。

3. ELRIS / 「Summer Dream」

ELRIS2連発。
だって好きなんだもん。
ヘソンがね。

ちなみに後日、この曲が収録されているアルバムのレビューも書きました。
>>>【K-Pop】最近【ELRIS】が好き過ぎるので『Summer Dream』のレビューを通して僕なりに魅力を伝えてみる。
よろしければこちらもぜひ。

まぁ、この曲も1発で好きになりました。
Aメロ。Lで鳴ってる付点8分のギター?
もしかしたら打ち込みかもしれないけれど、なんか好き。
そこばかり耳がいってしまう。
ただね、やっぱり気になるのはリズムなんです。

どうしてだろう。
曲としてはちゃんと成り立ってるし、これはこれでいいと思うんですけど。
なんか薄いんだよなー。
ちゃんと鳴ってるし邪魔な訳じゃないんだけど、なんか物足りなくてついついメロよりリズムが気になっちゃう。

単純に僕の趣向と合わないだけなんだろうけれど。
でもK-Popがこれだけ認められているということは、僕は世間の望む音作りから離れつつあるということなのか…。

考えたら怖くなってきたので、考えないようにします。

ようするにヘソンが可愛いということ。
そこは譲れない。
だからもっとヘソンをフィーチャーして、お願い。

4. LABOUM / 「Hwi hwi」

ユルヒに子供が生まれたってニュースを見て。
久しぶりに聴いたらまたハマってしまった。というやつ。

でも僕はソヨンが好き。
まじ、ソヨンの笑顔を見ると胸が苦しくなる。
歌も上手いんですぜ。
ラスサビ前のハイトーンとかさ。

ずっと同じコード進行なのにね。
このパターンで上手に作れる人尊敬する。

やっぱりリズムは違うんだよな。
上手くまとまり過ぎてる。
もっと曲に広がりが欲しい。

口笛は最高。
口笛で言えばHellovenusの「Mysterious」もいいよ。

LABOUM、そろそろカムバックしてくれないかな。
次はちゃんと実力で売れるといいけど。

5. GIRLKIND / 「S.O.R.R.Y」

彼女たちについてはよく知りません。
Spotifyで流れてきて、なんだこれは!と思って聴き始めました。

なんか音作りとかちゃっちぃんですけど、それが逆に良い。
音作りやリズム構成も特別凝った感じに聴こえないし。
でもそれが狙いだとしたら

年齢とか知らないんですが、これを大人が本気でやってたら違う印象を受けると思うんです。

このスッカスカ感といい、若者特有のけだるい感じといい。
渋谷系ではないんだけど、なんかそんな雰囲気を感じさせる。

それこそ日本で言えば、cheimicoみたいな。
ちょっと違うか。
cheimicoのトラックはかなり力入ってるもんね。

勝手に夜っぽいイメージで聴いていたのに、MV見たら夏の太陽の日差しガンガンな感じだったのでびっくりしました。
もっとダウナーな感じかと思ってたのに。

これも終わりあっさり曲。

6. EXID / 「L.I.E」

なんか聴いたことあるようなメロ。
だからかな。
好きなのは。

サビで倍テンになるのも気持ちいい。
ラップもいいよねー。

でもスネアが弱い。
キックもいいんだけど、この音ずっと聴いていたら疲れないかな?
普通にスピーカーで流す分にはいいのかもしれない。
でもこれ系のキックの音ってヘッドフォンで聴いているとだんだん疲れてくるんだよね。僕は。

そういやEXID日本デビューするんだっけ?
成功するかねー?

7. PRISTIN / 「WEE WOO」

PRISTINは同じ誕生日のイェハナがいるからなんとなく気になってしまっているだけ。

ただ、曲の始まり方は好みかな。
ギターの感じとかも。かっこいい。
このイントロならとりあえず停止せずにどんな曲か聴きたくなる。

ベースの音はもう少し硬い方がいいかも。いや、これも好みか。
リズムはねー。いいんだけどなんか物足りないかな。

可愛い子が踊っていればキュートだしテンション上がるかもしれないけど、曲そのもので踊らせる気あるの?みたいな。

J-Popだったり、洋楽だったりはリズム面に文句言うことってそんなにないんだけどな。
僕がおかしいんですかね?

8. April / 「Take My Hand」

懐かしい感じ。
こういう感じでいうとGFRIENDもいいけどね。
日本デビューして僕の中では一段落。

この哀愁ある感じもストリングスの影響かな。
隠し味のギターも素敵。
こういうギター入れるの楽しいよね。ハモらせるのもありなんだなー。なんて。
僕の場合、入れたとしても歪んだギター被せることが多いのでなかなか表に出てくることはないけど。
それでも必要な音だったりするのが面白い。
聞き取れないのに、あるのとないのとでは印象が違ったりね。
自分の中でこうすればこうなる、っていう方程式があるけど教えない。

ストリングスと鍵盤のカラミが気持ちいいです。

リズムに関して。音に対してはそんなに文句はない。
フレーズだったり構成にはちょっといろいろ言いたいかな。

9. OH MY GIRL BANHANA / 「Banana allergy monkey」

ふざけるな。
可愛すぎるんだよ。
サビのダンスで僕は胸を鷲掴みにされました。
一人、部屋で踊るくらいにはハマってます。
おまごるさいこう。

でもBANANAってなんでしょう?
ユニットなんですかね?
一応メンバー全員映ってるけれど、基本アリンとビニとヒョジョンばっかりな気がする。
名前違ったらごめんなさい。おまごるそんなに知らないので。
まぁ、僕的にはアリンがいればそれで大丈夫です。

こういう音作りってしたことないから、やってみたい。
リズムの感じはなんだろう、、なぜかa-haを思い出してしまうのだが。

とりあえず、80’s風というか。
ピコピコ系とかいいよねー。

かわいい。
かわいい。
アリンかわいい。
それだけ。
ツインテの破壊力を改めて実感しました。

歌だけでいうと昔好きだったAKB48の「人魚のバカンス」みたいなイメージ。
曲調は違うけど、可愛い歌声という点でね。

10. Dreamcatcher / 「Chase Me」

これまで紹介してきた他の曲とはちょっと違う感じのカッコいい曲。
日本のアニソンイメージしたのかな。

メロとかすごくいいのに。
ギターのアレンジ単調すぎて笑える。
もっとあんだろうよ、と。

一応ギタリストだからそこは譲れない。

白玉で弾けばいいって訳じゃないだろと言いたい。
あとあとDメロの裏で鳴ってる単音のギター、なんだよあれ。
正直クソダサい。

まぁ、サビ前のアーム使ったギターはわかるけどね。
僕も好きです、あれ。

ドラムももっと生っぽくして欲しかった。
あからさまに打ち込みってわかるんだもん。
それが狙いなら仕方がないんだけどさ。

曲としては好きなので何度も聴きますけど、やっぱり腑に落ちないよね。
余計なことに気を取られて純粋に曲を楽しめないのも問題ですよ。

でも僕ら制作側の人間はそんなこと気にならないくらい曲の世界に浸れるトラックを作るべきだと思うのですよ。

我々は必要のない妥協はしてはいけないのです。

計10曲紹介してみたわけですが。

ちなみに次点はLaboumの「Fresh Adventure」かな。
でもDIAとかfromis9とかも入れたかったなー。

それにしてもK-Popって歌の質が高いですよね。
コーラスワークが気持ちいい。
もちろん他のジャンルの質が低いとかそういうことを言いたい訳ではないのであしからず。

曲の解説してて思ったことがひとつ。
どんなに違和感があったり、理論的なことで間違いがあったとしても、
「それ、狙いです」って言われたら何も言えないよね。

音楽って理論は存在するけど絶対ってないから。
うわー。魔法の言葉。

まぁ、それが認められるかどうかっていうのはまた別のお話なんですけどね。

それにしても僕の周りに同じ趣味を持った人が全然いないのはどうしてでしょう。

K-Popはもちろんブルースもそうだし、カメラや読書、釣り。上げたらキリがない。
だから友人と趣味の話が出来ない。それもストレスのひとつになっている気がしないでもない。
けど、他人のせいにするのは違うよね。
ごめんなさい。

だからって僕の趣味に興味を持っていない友人に対して「これ最高だから!」って押し付けるのもなんか違うでしょ。

広い世界、僕と同じ趣味の方がどこかにいると信じて。
この先もブログを書いていこうと思います。

趣味友が欲しいふみ太朗(@fumitalog)でした。

アイキャッチ画像>>>https://www.dkpopnews.net/より引用
当ブログのプライバシーポリシーを確認する>>>プライバシーポリシー

K-Popカテゴリの最新記事