【AT限定】男のくせにダサい!なんて言われながらも望んでAT限定で免許取得した僕。

【AT限定】男のくせにダサい!なんて言われながらも望んでAT限定で免許取得した僕。

運転免許。

車だったりバイクやトラック、重機を運転する為に必要なもの。

その中でもごく一般的なものが普通自動車免許と呼ばれるものです。
普通免許を持っていれば軽自動車から普通自動車や原付にも乗ることが出来ます。
その中にも「AT限定」と「MT」という種類があり、「AT限定」はその名の通りオートマチック車しか運転出来ない免許。そして「MT」はオートマチック車はもちろんマニュアル車も運転が出来る免許。

と、基本的なことはここまで。

さて本題。

『AT限定免許』
というと、世間の男どもが想像するのは女性や高齢者の方が取るものということ。
僕より若い世代はどうかわからないけれど、僕らの世代ではまだまだその古臭い考えをもった人間が蔓延ってます。

男は黙ってMTで。
みたいな暗黙の了解(?)があるようで。

免許を取得することでどちらも運転出来るMT。まさに一石二鳥。
それを知った上で僕は当然のようにAT限定で免許を取得しました。

周りからは「え?なんで?」と言われながらも。

いや、ちょっとまって。
僕からするとそれこそが「え?なんで?」だよ。

難しくて運転出来そうにないからAT限定にした訳じゃないんですけどぉ…。

もうそんな時代じゃないでしょう。

免許取得から12年。
僕はAT限定で困ったことはないし、逆にMTにしなくてよかったとも思ってます。
たかが12年程度でどちらが良い悪いなんて話をするのは時期尚早かもしれないけれど、MT派の人間よ。
僕がAT限定で免許を取ったのは理由があってのことだということを理解してほしいのだ。

もちろん僕の考えに理解を示してくれるMTの人もいます。
ありがとう。
ありがとう。
あなたが免許云々で人間を判断する方じゃなくてよかったです。

否定されたからといって僕も別に「なんだよ!」なんて思ってる訳じゃないし、激しい怒りがある訳でもない。
そういう考えもあるかーと思ってるだけで。
ただ、この程度のことでここまで言われるかぁ?と思ったので。

僕がAT限定であることに対してこれまでに周りから言われてきたことにひとつひとつ反論してみようと思う。

Q. なんでAT限定を選んだの?

A. MTに乗ることないから。

もうこれがすべて。

僕は車を移動手段のひとつとしてしか考えていません。
それに世の中の車、ほぼATだし。
車関係の職につきたいと考えたこともない。
僕の人生においてわざわざMTを選ぶ機会が無いから。

Q. MTを運転しなきゃいけない機会があったらどうするの?

A. そんな機会訪れない。

MTを運転しなきゃいけない機会って何ですか?
やりたい仕事の募集要項に要普通免許(MT)って書いてあったってことですか?
それなら仕方ないけど僕はMT車を運転しなければいけない職につくつもりはない。

そもそもMT運転しなければいけない仕事ってなんですか?
運転を仕事にしたいとかしたい仕事に運転が必要になる、なんて人がMTを免許を取るのならわかるけれど。
真逆の僕がわざわざAT限定で免許取る訳ないじゃないですか。
ようするに僕は運転や、運転が必要になるような仕事をしたくない人間なんです。
車に興味の欠片もない僕は、MT取るより運転手を雇えるレベルの人間になる方が優先。(比較対象がおかしいけど、僕にとってはそれくらい運転より人生を上手く回す方が重要だということ。)

結果、MTを運転する機会が人生においてほぼない。
考えるだけ無駄。

Q. 男でAT限定ってダサい。

A. 価値観の問題だから否定はしない。でもお前に迷惑もかけてない。

MTの方がかっこよく見えるかもしれないけれど、それは車が好きだからでしょう?
車好きでもない僕としては、運転出来るならどちらも同じ。
運転するのに「AT限定だから」という理由で公道を走る権利を奪われることはない。
必要な人と必要のない人がいるのだから、取捨選択は僕に任せていただけませんか?

仮にこれを好きな女性に言われたとしたら。
ちょっと気持ち揺らぐけど、運転自体は出来る訳だし問題なくない?
それでもああだこうだ言ってくるなら僕は冷める。
車好きの人とよろしくやってくれ。
というかMT運転出来なくてマイナス評価されても自分の得意分野でカバー出来るし。
というかそんなことでしか男を判断出来ない人とは絶対に無理。
やべ、30の彼女いない分際で強気に出てしまった…。反省。

完全に蛇足だけれど。
教習の時、AT限定の男って少なくて教習も実技も女の子ばっかりでウハウハだったことを伝えておく。
あくまでも僕の時代、そして僕が通っていた教習所での話だが。

Q. MT運転出来るに越したことない。

A. もちろん。でも必要がない。

で?何?
出来なかったらどうなるの?
人生終わるの?
やばいね。
そんなことで終わる程度の人生歩んでないから大丈夫です。

Q. 可能性を自分から狭めてどうするの?

A. たしかに一理ある!でも他のことで広げてるから大丈夫。

ご心配ありがとう。
運転は“選択出来る”手段であって、人生の目的ではないので少しくらい選択の幅が狭まったって大丈夫です。
運転に命懸けている訳でもないですし。
いや、正確には命は懸けている。いつ事故を起こすかわからない、という意味でね。上手に言えない。

僅かな時間と金額の違いでMT取れるのに、と言っている人間は時間の大切さを理解していない。
こういう人間は平気で他人の時間を消費する。
しかもそのことを悪いとも思ってない。
気がする(完全なる妄想)。

Q. 大人としてありえない。

A. そうですか、本当にごめんなさい“でした”。

僕、割と頑張ってますけどね。

そんなこと言ってくる方が大人としてありえないと思う人間もいるので発言には気をつけた方がいいですよ。
そこまで言わないと自分自身を保てないんですか?って言いたくなります。
残念です。

最後に。

普段の何気ない会話。
ふとした話の流れで僕の免許がAT限定であることを知ると、周りの人間は「なぜMTにしなかった?」と必ず聞いてきます。
笑いごとで済ます人もいれば、「ありえない!女か!」と言ってきたり。
「マジでMTで取り直した方がいいよ。」とまで言われたことがあります。
あたかもAT限定が間違った選択だったかのように。

そういう彼らは往々にして僕が「難しくて取れない」からAT限定にしたと思っているのが笑える。

必要ないから取らなかった。
それだけ。

「そんなに言うならMT取ってみろよ。」なんて言われたこともありますけど。
だーーかーーら、どうしてぇーーー?

必要ないと僕自身が判断したものを今になってお金と時間をかけて取らなければいけない理由を教えてほしい。
今の僕にお金と時間をかけてまでMTを取るメリットを論理的に説明してほしい。

「MT運転出来るのか!さすがだな!じゃあお前の曲採用決定!」なんて話聞いたことないし。
MTどころか、運転できようができまいが僕の仕事に全く影響ない。

MT好きな人は乗ればいい。
それでいいじゃない、MTださいなんて言わないよ。
僕は「本当に車好きなんだなぁ。」と思うだけ。
車が趣味なんてカッコいいな。男らしいな、とかね。
なのに一部の彼らはAT限定であることを否定してくるなんて、ね。
ため息しか出てこないや。

そんなくだらないことに“本気で突っかかってくる人間”は大抵僕を見下したいだけですから。
それくらいしか自分に勝負出来るところがないんです。
仮に違ったとしても本当に優れた人はそんなこと言いません。
金じゃないです。メッキです。
どうせ見せかけでしかないってことです。

自分は自分。

いろいろ言われて気になるなら、解除しちゃえばいい話。
僕は解除するつもりないです。

だって、悪いことしてる訳ではないのでしょう?
社会的に認められた免許という制度の上で法律に則って運転することのなにが悪い。
ほら、言ってみろ。

限定だから?MTすらろくに運転出来ないやつが車を運転してるのは怖い?

うん。
確かにMT派からすると怖いかもね…。

ひょっとしたら中には本当に自信がなくてAT限定で取った、っていう人もいるかもしれないしね…。

ああ言えばこう言う。
話は尽きない。

Otherカテゴリの最新記事